2020年1月

令和二年も本格始動、本年もよろしくお願い致します!

 
昨年は、皆様の温かいご支援により県政へ送り出して頂き、9月には県議会本会議での知事への初質問に臨みました。沼津港周辺の地震津波対策、東京2020オリンピック・パラリンピック(狩野川サイクルロード化)、犬猫殺処分ゼロに向けた取組み、沼津駅周辺総合整備事業の事業効果、漁場環境の変化への対応などを取上げ、県の考えを質しました。今後、着実な成果が出るようにフォローして参ります。12月議会では主に台風19号で被災した農林漁業施設や河川、港湾、道路など復旧支援の補正予算約39億円を可決、また来年度事業、予算要望を自民改革会議として知事に申入れました。安心安全で、豊かな県政へ前進!

 
 

いよいよ東京2020オリンピック・パラリンピック開幕!

 
昨年、日本中が盛り上がったラグビーワールドカップは、9月にエコパスタジアムで行われた日本・アイルランド戦を頂点に、本県開催4試合で17万6千人の観客を動員、地方都市開催の上位4位を独占して日本チーム躍進の原動力となりました。

そして、本年は県東部にてオリンピック・パラリンピック自転車競技が開催されます。ロードレースが富士スピードウェイ(7月25,26,29日)、トラック競技が伊豆市・伊豆ベロドローム(8月3日~9日)、マウンテンバイクが伊豆市・伊豆マウンテンバイクコース(7月27,28日)で行われ、世界中からトップアスリートが熱戦を繰り広げます。

県は、これまで自転車競技のテストイベントを開催して交通対策、暑さ対策、おもてなし等のシュミレーションを行い、今後は、街なかの五輪関連の装飾や聖火リレーなどを行って更に盛上がる施策を行います。

一方、私は、先般知事への質問でも取上げた通り、東京2020オリパラ自転車競技開催地のレガシー(遺産)として、富士山を望む狩野川沿い堤防ロードを安全、快適に整備してオンリーワンのサイクルロードとして世界へ発信し、年間数十万人を集める東部伊豆地域の観光の目玉にしたいと従来より構想してきました。
本年5月頃には県民参加型の狩野川サイクリングイベントを自主企画し、益々機運を高めていきたいと考えておりますので、是非、皆様方のご賛同をよろしくお願い致します!
 
 
 

  TOPへ